拳正館空手道は、和泉市・大阪狭山市・堺市で活動する空手団体です。

ブログ/2012-08

Top / ブログ / 2012-08

2012/8/31 (金)

アジアン

画像の説明

信仰心のかけらも無いのですが、こういうの好きです。

これは有名なシヴァ神。

とても偉い神様で、芳醇な恵みを与えてくれる半面、破壊を好む恐ろしい神でもあります。

多神教の神とは自然そのものであり、自然というのはそういうものなのでしょう。

画像の説明

こっちは何ていう神様なのか名前は忘れたけど、色っぽい腰つきが気に入って買ってしまいました。

でも、実は女性に人気のある美男子の神様なんだとか…



値段は、ドラゴンボールや北斗の拳のフィギュアと同じくらいかちょっと安いと思います。



パーマリンク

2012/8/29 (水)

夏の終わりに

画像の説明

久し振りに磯ノ浦に行ってきました

良い感じの波が来ていたので

ボディーボードを借りて

波に乗りました



やっぱり海は良いなあ…



誰と行ったかは、ヒ・ミ・ツ!



パーマリンク

2012/8/24 (金)

白崎海岸

画像の説明

急に思い立ち、姉を連れて和歌山の白崎海岸というところまでドライブに行って来ました。

リアス式海岸の美しい海に、大小様々な島が浮かんでなかなか良いところです。

途中の小さなビーチは、めっちゃ遠浅で透明な水の中に小さな魚が泳いでいました。



姉が『最近太ってきたねん』と言うからお腹を触って確かめてあげようとしたのですが、触らせてくれませんでした…



パーマリンク

2012/8/22 (水)

白浜→竜神温泉→高野山

画像の説明

お袋が龍神村出身で、小学5年生くらいまでは毎年夏休みにお祖父ちゃんとお祖母ちゃんの家で過ごすのが恒例でした。

当時は竜神スカイラインなんてものは無く、随分遠い田舎に感じたものです。



最近になって、子供の頃に過ごしたあの土地を訪ねてみようと思い立ち、お袋に正確な住所を教えてもらおうと思ったのですが、現在は地名が変わってしまったということ…



まあ、あの近くまで行ければいいかな

ついでに、竜神温泉に入ってこよう



という訳で、早朝からまず白浜へ

現在は田辺市まで高速道路が開通しているので、自宅から白良浜までちょうど2時間

そして日差しがきつくなる10時頃には白良浜を出て龍神方面へ

すると、竜神温泉の13キロくらい手前で、確かに見覚えのある風景が

結局家までは判らなかったけど、すぐ近くまで行ったはず

小さい頃に、大人だった従姉妹のお姉ちゃんが、恥ずかしがって嫌がる私を無理やりおんぶしてくれたのも思い出しました

思わずおんぶしたくなる可愛らしいぼっちゃんだったのか



画像は竜神温泉のひなびた温泉街

さすがに3大美人の湯だけあって湯はめっちゃ良かったです

めっちゃ田舎やけど



あとは竜神スカイラインを走って高野山へ

途中、護摩壇山から東を見ると何処までも続く山々

大和は国のまほろば たたなづく青垣…

西を見ると遥か彼方に水平線が美しい



高野山に着いた時にはもう既に夕暮れ前

観光客もまばらで、明かりのともった石灯籠が続く奥の院だけ歩きました

杉の巨木が霊力を感じさせます



高野山から家までは1時間半

やっぱり車は便利やけど、今度は電車とバスで行きたいなあ



白浜でTバックを目撃できなかったことだけが残念

なんて事は思いません



パーマリンク

2012/8/21 (火)

今はこんな感じ

画像の説明

北海道旅行で放置していた無精髭をちょこっと整えて今はこんな感じです。

道端でばったり会った知り合いの女性に

『似合う?』

と聞いたら

『うふふ…』

と笑って去っていきました。



『似合わねえよ』

なのか

『どうでもええやん』

なのか…



飽きたら剃ります。



パーマリンク

2012/8/20 (月)

陶器山通りの炭火焼イタリアンのお店

半年くらい前にオープンした、近所のイタリア料理のお店。

店の前のボードに、『ボリューム満点!』という前書きで、いかにも美味そうな料理名が1500円となっていました。

『高そうな店やと思ってたけど、1500円やったら一回入ってみるか…』

と思って入ってみると、イケメン男子店員がまずワインのメニューを持ってきてくれました。

『ボリューム満点の1500円のやつ』

『は?』

『店の前に書いてたでしょ?』

『あっ、見てまいります』



戻ってきたイケメン男子は『あっ、あれは前菜でございます』と、ニッコリ



料理のメニューを見ると、前菜のあとにメインらしき料理が書いてるけど写真もないし…



ワイン飲んで前菜とメイン選んだら10000円くらいかな?



結局注文せずに店を出ました…



まあ、精神修養が出来ていない人間なら

『前菜で、ボリュームたっぷりって書くなや!』

とか

『おっさんに恥かかせやがって、こんな店潰れてまえ』

とか思うかも知れませんが

私はそんな事は思いませんでした



ホントです




でも、もしこないだの中国娘が、顔をグイーっと近づけてきて

『ワイン、赤、白、どっち?』

と聞いてきたら

『赤』

って言っちゃうかも



パーマリンク

2012/8/19 (日)

『プロメテウス』

画像の説明

『プロメテウス』という映画を観に行きました。

学生の頃に『百億の昼と千億の夜』という漫画(原作は小説)を読んで、

地球に生命を誕生させ人類を育んだ神(というか宇宙意思のようなもの)が、人類を失敗作と判断して滅びに導こうとする…

というような話で、そんな感じかなと思ったのですが

全然違いました

はっきり言って、『エイリアン』の焼き直し

監督が『エイリアン』のリドリー・スコットなので、良く言えば過去の自分の作品に対するオマージュ

悪く言えばパロディ

もし、違う人が製作していれば完全なパクリ



でも、さすがに映像は凄いので、『エイリアン』のファンなら楽しめるかも



あと、ヒロインが若かりし頃のシガニー・ウィーバーくらい魅力的だったら良かったのに…



パーマリンク

2012/8/18 (土)

神の怒りや~!

今日は午前中ペーパードライバー教習の仕事をしていました。

『朝から暑いですね~』

とか言いながら仕事をして、ご飯を食べて帰って来ると…

急に雲行きが怪しくなり、雷が鳴って、めちゃめちゃな嵐になりました。



いつも窓を全開にして出掛けているので、もし仕事中に嵐になっていたら、部屋の中はえらいことになっていたところでした…



来週から山でも登りに行こうかな、って思っていたのですが、山でこんな嵐に見舞われたら死ぬかも…



でも今、ベランダから金剛山の方を見たら、昼過ぎなのに夕方みたいでめっちゃ綺麗です!



パーマリンク

2012/8/17 (金)

朝のお散歩

早朝の桃ちゃんのお散歩で、時々顔を会わせる女の子がいます。

その子は『あ、桃や!可愛い!』と言っては桃ちゃんを勝手に抱っこしたりする一風変わった女の子なのですが、今朝は唐突に『ゆりあ(自分の名前)何歳やと思う?』と聞いてきました。

『7歳かな』

『え~、なんで判るん!?』

『こないだ小2って言ってたやん』

『おっちゃん、30歳?』

『もうちょっといってる』

『40歳?』

『もうちょっといってる』

『60歳?』

なんでやねん!

『もっと若い』

『50歳?』

『う~ん、もうちょっとだけ若い』

『49歳?』

『そう』

『あのな、うちのお父さん47歳やねん』

いや、別にそんな事聞いてないし、興味も無いねんけど…

それより、知らんおっちゃんとあんまり喋らん方がええんちゃう?って言ってあげた方が良いかな…



『お父さん、北斗の拳が好きやろ』って言ってあげようかと思ったのですが、やめときました。



パーマリンク

2012/8/16 (木)

中国娘

とある中華料理屋さんに入りました。

メニューを見て、どの料理にするか迷っていると、ウェイトレスが『これ、大人気のコース』と、へたな日本語で言うので、ちょっぴり値が張ったのですが勧められたコース料理を注文しました。

しかしそのあとウェイトレスが何かモゴモゴ言ったのが聞き取れなかったので

『え?』

と聞き返すと、顔をグイーっと近づけて

『エビマヨ、エビチリ、どっち?』

と聞いてきました。



いや、声が小さいんじゃなくて、あなたの発音が聞き取れなかっただけなんだけど…



食べ終えたお皿をさげる時は『これ持って行く』とつぶやいてました…



うだるような暑さの午後のひと時でした。



パーマリンク

2012/8/14 (火)

緑ヶ丘支部

画像の説明

今日の緑ヶ丘支部は、りょうたくん1人だけ…

みんな、お盆でどこかに行ってるんかな?


で、りょうたくんのリクエストに答えて護身術(逆技)の練習をしました。


逆技は、例えば警察官が犯人を逮捕する場合に怪我をさせずに取り押さえるような技で、実際の場面で使えるようになるには相当練習しなければなりませんが、覚えておくと何かの時に役に立つかも知れません。



ホントは、暑い時期には汗で滑ってやりにくいんだけど…

ところで、今年の秋の拳正館大会は10月28日(日)に開催されます。

りょうたくんには、大会に出場して頑張っていれば勝敗に関わらず昇段試験を受けてもらうと約束しました。

りょうたくん以外の人も、黒帯を狙っている人は、とりあえず大会出場を目指して頑張ってくださいね!



パーマリンク

2012/8/11 (土)

光明台支部

画像の説明

大阪に帰ってきても、8月末まで奥野指導員に指導は任せています。

でも、ちょっと光明台支部の練習を覗いてみると、久し振りにうわぎくんが来ていました。

就職も、商社に決まったということ。



久し振りでもよく身体が動いていたのは、やっぱり若いからかな…



パーマリンク

2012/8/10 (金)

帰ってきました

画像の説明

帰りはトワイライトエクスプレスに乗りたかったのですが、それだとまた札幌まで移動しないといけないし、早く桃ちゃんを迎えに行ってあげたいので美瑛から近い旭川空港でスカイマークに乗りました。

新千歳→関空のピーチなら、便によっては8000円くらいの時もあるのです。

凄い時代になりましたね!

ちなみにトワイライトエクスプレスは25000円するのですが、いつかは乗ってみたいです。

桃ちゃんは迎えに行ったらさぞかし大喜びしてくれるかな?

と思ったけど、普通にペロペロしてくれただけ…

『お父たんだけずるいやん!』

と思ったのかも



今度は桃ちゃんと二人で行きたいなあ…



旭川→関空 スカイマーク 2時間10分 16800円



パーマリンク

2012/8/9 (木)

美瑛

画像の説明

宿の御主人が3人を『青い池』まで送ってくれました。

『青い池』は、画像で見るとまあまあなんだけど、実際には…

う~ん…

でもまあ、これも旅の思い出かな



そのあとバスで美瑛まで行って、ここで二人の女性とお別れ。

通り掛かりの親切なおばさんが写真を撮ってくれました。

画像の説明

そして、美瑛でもレンタサイクルで走り回ったのですが、この日は北海道に来てから初めて暑かったです。

一応、ケンとメリーの木とかマイルドセブンの丘とか回ったけど、美しくて良い所なんだけど、なんせ広すぎる…

宿のチェックインの時間までひたすら展望台で涼んでました



展望台にはひっきりなしにチャイニーズがやって来て『イー、アー、サ…』と、写真を撮っていきます。

10回以上『イー、アー、サ…』を聞いたかな…

ちなみに日本人は『はい、チーズ』で撮るけど、『ズ』まで発音すると口が閉じてしまうのでダメなんだとか。



アルプロッジ美瑛 2食付で8000円。

綺麗な建物で、食事も豪勢でした。



夕暮れ前に宿の前を歩いて、しみじみと良い所やな~って思いました。

観光地を急いで回るより、のんびりとその土地を感じるのが本当の贅沢って気がします。



パーマリンク

2012/8/8 (水)

富良野

画像の説明

札幌から富良野へ高速バスで移動。

北海道の都市間移動は、バスの方が時間は掛かるけど料金はJRの約半額です。

おまけに路線バスと違って、隣の客と必ず空間を空けてくれるので結構楽でした。



さて、富良野に着いても『北の国から』には興味が無いし、とりあえずワイン工場へレンタル自転車で行ったのですが、ここは美人のお姉さんの案内もないし、勝手に見ておくれやすって感じでちんけな建物でダメダメでした。

ファーム富田もパスして、上富良野の宿へ…



宿でお風呂に入ってテラスでビールを飲んでくつろいでいると、後から若い女性がワインを持ってテラスに…

彼女も一人旅だそうで、結局もう1人の一人旅の既婚女性とテーブルをくっつけて晩御飯を食べる事になりました。



こんな事もあるんやな~


おまけに、明日は3人で『青い池』まで行く事になりました…

めっちゃドキドキや~



札幌→富良野 高速バス 2時間30分 2200円

コスモスファーム 2食付 6800円



画像は富良野ではなく美瑛です。



パーマリンク

2012/8/7 (火)

札幌

画像の説明

函館から高速バスで札幌へ。

札幌も街歩きが楽しいです。



メイド姿の女の子がチラシをくれたので、

『これ、遊び放題って書いてるけど、どんな事して遊ぶん?』

『え~、ご主人様との会話を…』

『こんな事してもええんかな~?』

ぐいっ

『あっいえ、、フーゾク店とは違うので…』

なんて事はしていません。



函館→札幌 高速バス 4200円

フレイムホテル札幌 素泊まり 3450円



悪い遊びはしませんでした。



パーマリンク

2012/8/6 (月)

函館

画像の説明

北海道の旅は、大自然に触れる事と同じくらいに街歩きも楽しみにしていました。

小樽も函館も札幌も、開拓時代の建築物が沢山残っています。

特に函館は、坂の上から港が見える、初めてなのに懐かしさを感じさせてくれる街でした。

画像の説明

昼間の街歩きも良いんだけど、お風呂に入ってビールを飲んでブラブラ歩くのはまた格別!



ペンション夢空間 2食付 8100円。

函館山からの夜景は綺麗やけど、寒かった!

それに周りはカップルや家族連ればっかりやし…



パーマリンク

2012/8/5 (日)

大沼公園

画像の説明

ニセコから再び列車に乗って、この日は大沼公園。

『新日本三景』にも選ばれている、湖に126の島々が浮かぶ景勝地です。

でも、観光地化されすぎてちょっぴり残念…



宿は、立派な洋館で、夕食朝食共に素晴らしかったです。

大沼よりも、宿の近くの小沼の方が良い感じ。



ペンション『風』2食付 7500円。



パーマリンク

2012/8/4 (土)

神仙沼

画像の説明

ニセコに来た一番の目的は、神仙沼に行くこと。

神仙沼までのバスは、土日祝しか運行されていないので、その為に日程を調節したのでした。



神仙沼行きのバスに乗っていると、途中霧が立ち込めて

えらいとこにやって来たな~って感じ…

でも到着すると、すっかり霧が晴れて、駐車場にはマイカーやバスも沢山停まってました。



木の遊歩道を歩いて

湿原の先に、とても水の澄んだ神仙沼がありました。

死んだらこんなとこに行くんちゃうかな~?

っていうくらい綺麗なところでした…
画像の説明


まあ、車で行ったら感動も薄れるかも知れないけど



この日もふみふみ宿泊。



パーマリンク

2012/8/3 (金)

ニセコ

画像の説明

余市から列車に乗ってニセコへ。

ディーゼルカーなので、電車ではありません。

列車です。



ニセコはパウダースノーで有名だけど、山と森と畑しかない所。

今回はそんな田舎道を、てくてく歩きたかったのでした…



と言っても目的もなく歩く訳にいかないので、とりあえずミルク工房まで行きました。

画像の説明

ミルク工房は花が一杯咲いていて、ソフトクリームがめちゃめちゃ濃厚で美味しかったです!



この日の宿は、ペンションふみふみ 2食付で6000円。

ペンションと言うより民宿だけど、ご飯もガッツリ食べさせてくれて、ビールもロング缶が300円と、格安!



パーマリンク

2012/8/2 (木)

島武意海岸

画像の説明

今回の旅ではレンタカーやタクシーは絶対使わないと決めていました。

毎日車を使った生活なので、公共の乗り物だけの不便な旅をしてみようと…

なので、『日本の渚百選』に入っているという島武意海岸は、行こうかどうしようか迷っていたのでした。

でも、せっかくなのでちょっと寄ってみようと思って行ってみたら…

『ここは沖縄かえ~!?』ってくらいにエメラルドグリーンの美しい海!

そして、もの凄い断崖絶壁!!

画像では全然素晴らしさが伝わらないのが残念…



そのあと黄金岬という所にも立ち寄ったのですが、ここもまあまあ綺麗だけど、島武意海岸に比べればなんて事はなかったです…

画像の説明

画像は、黄金岬の展望台から見た『宝島』という島。



そして、余市という町まで行って、ニッカウヰスキー余市蒸留所を見学。

美人のお姉さんが案内してくれて、ウイスキーやワインの試飲もできて、無料です。

蒸留施設はサントリー山崎蒸留所の方が立派かなと思うけど、白樺の生えた工場内はとても美しくて、石造りの貯蔵庫も年代物で立派。

画像の説明

画像は、ニッカの創業者が大正時代スコットランドに留学した時に恋に落ちて日本に連れて帰ったリタ夫人。

工場内には二人が暮らしたスコットランド風の家もありました。



この日の宿泊は、余市テラスという喫茶店の2階の民宿みたいなところ。朝食だけ付いて6300円。



パーマリンク

2012/8/1 (水)

神威岬

画像の説明

朝からバスで積丹半島の神威岬へ。

車窓から見る原生林も、白樺やエゾ松など本州とは全く違って美しいです。



そして、今回の旅で最も楽しみにしていた神威岬。

あいにく時折小雨がぱらつく天気にもかかわらず、海は美しいコバルトブルー!(画像ではわかりませんが…)

何十羽というツバメが飛び交って、他の観光客も『良い所ね~』と、感激していました。



ここは、何年か後にまた行きたいな~

画像の説明

この日は民宿『新生』

海の幸盛り沢山で10500円。



パーマリンク

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional