拳正館空手道は、和泉市・大阪狭山市・堺市で活動する空手団体です。

ブログ/2014-06-29

Top / ブログ / 2014-06-29

ブラジリアン柔術の大会に、応援に行ってきました。

練習仲間の試合に一喜一憂したり、昔からの格闘技仲間と久し振りに喋ったりできて楽しかったです。

しかし、練習仲間が相手選手の裏投げ(プロレスのバックドロップみたいな技)を掛けられて救急車で搬送されたことだけは残念でした。

柔道の試合では、たまに頭を強打して死んでしまうような危険な技なんですが、柔術で使ってるのを見るのは初めてでした。

危険な技でも反則ではないので相手を責められないですが、相手選手はプロ格闘家だったので、アマチュア相手にそこまでする必要があったのか…

あるいは逆に、自分はプロなのだから、派手なパフォーマンスをして会場を沸かせないと、という意識があったのか…

ともかく試合となれば何が起こるかわからないので、自分も含めて気をつけなければ、と思いました。

あと、前日、総合格闘技の試合で勝利を収めたキングオブパンクラシストのタクミさんとも目が合ったので「おめでとうございます!」と、挨拶はしましたが、あとで、やっぱりちゃんと握手を求めて勝利をたたえるべきだったかな、と反省しました。

昔からよく知っている人が「タクミ先生の試合を生で見るのは初めてだったので、自分の試合よりも緊張しました。そして、勝利したときは、自分の試合より嬉しかったです!」とブログに書いていたのですが、試合の翌日にも関わらず練習生の応援に駆けつけるという姿勢や人格が、それほどまでに門下生を引き付けるのだと思います。

握手しながら、そんなことをちゃんと言葉で伝えれば良かったです。



コメント


認証コード(9467)

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional