拳正館空手道は、和泉市・大阪狭山市・堺市で活動する空手団体です。

ブログ/2011-06-07

Top / ブログ / 2011-06-07

昇級試験

桃子

今日の緑ヶ丘支部に、伯太支部のKくんが練習参加してくれました。

Kくんには6級(緑帯)の試験を受けてもらわなければならなかったのですが、伯太支部には対戦相手がいなかったので、無理を言って緑ヶ丘支部に来てもらったのでした。

練習の最後に試験を行ったのですが、結局見事な内容で試験に合格、今日からKくんは緑帯になりました。

これからも、強さだけではなく、仲間を引っ張っていくために気合いを入れて頑張ってもらいたいですね!

帯の色が最初は白で、習熟度に応じて色が付いて最後は黒になる、というのは柔道が最初に始めたもので、他の武道がそれに追従したと言われています。

帯というものは洗わないもので、修行を続けるごとに黒ずんでいく、という意味合いなのだそうです。

余談ですが、柔道では六・七・八段は紅白のだんだら帯で九・十段は赤帯になります。(六段以上でも別に黒帯を締めていても構いません)

ブラジリアン柔術では、明治時代に講道館柔道の前田光世から直接指導を受けたなど、柔術の創成期に関わったグレーシイ一族の数人だけが赤帯で、以降は赤帯は授与されないそうです。

ところで拳正館が以前所属していた連盟では何故か四段で赤帯を授与される制度になっていたので、現在でも拳正館の大会で審判するときには代表は赤帯を締めることにしています。

まあ、そんなことはどうでも良いのですが…

Kくんの昇級試験の画像を撮り忘れたので、今日の画像はワンワン拳法赤帯の桃子師範が牙を見せているところ。



コメント


認証コード(0024)

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional